サビによる劣化を防ぐ効果があるリン酸処理

リン酸処理は金属製品に用いるコーティング加工の一種です。化学物質のリン酸を主成分にした薬剤を金属製品に塗布することで表面をわずかに溶解させ、それによって生じた皮膜で製品全体をコーティングします。コーティングされた金属製品は外部からの刺激に強くなるので傷が付きにくく、サビが生じるリスクが大幅に軽減するので非常に便利です。また、皮膜は撥水性に富んでいるので汚れを弾き、軽く拭くだけで綺麗に取り除くことができます。皮膜はツヤ出しの効果もあることから、サビの予防と綺麗な外観の維持に最適と言えるでしょう。

金属製品への影響と作業時の注意点

リン酸処理は金属製品をサビや汚れから守るコーティング加工ですが、その一方ですべての金属に処理ができるわけではありません。表面をわずかに溶解させて皮膜を作るため、深い傷やサビなど劣化が進んでいる金属製品に処理を施すと却って傷みが酷くなることがあります。また、塗装面が溶解して見栄えが悪くなることもあるので、リン酸処理を行う際は事前に表面の汚れを完全に取り除いて滑らかな状態にすることを忘れてはいけません。わずかな凹凸が皮膜の厚さを不均一にしてしまうので、表面の掃除は入念に行う必要があります。リン酸処理用の薬剤は人体に有害な成分が含まれている物が多いので、決して素手で触ってはいけません。

皮膜が形成される際に蒸気が発生することがありますが、誤って吸引すると重大な健康被害に遭うおそれがあります。マスクや手袋などの保護具を必ず使用すると共に換気や排水を適切に行うのが事故を防ぐ条件です。

リン酸処理とは、リン酸鉄やリン酸亜鉛などを金属製品の表面に塗布することによってそこにリン酸塩の不溶性の皮膜を形成し、製品の腐食劣化を抑止するための作業のことをいいます。