色々な種類がある設計ソフト

従来の設計といえば、大きな紙に鉛筆と定規を使って書き込んでいくものです。その作業をコンピュータの中で行えるのがCADで、すでに多くの現場で活躍しています。基本的には直線と曲線を組み合わせることで、二次元・三次元の図が作成可能なソフトです。CADとは設計ソフトの総称で、複数のメーカーから提供されているため、必要に応じて豊富な選択肢から絞り込めるのも強みです。平面のシンプルな作図であれば無料でも使用できるものがある他、土木や建築といった特定の分野で最大限の効率を発揮できるように考えられたタイプもあります。

紙製図と比較した場合に色々なメリットが

紙への製図はもちろん平面で仕上がるため、立体的な設計をする際のイメージが掴みにくいです。その点CADであれば、図全体をどの方向にも変えられます。また設計の作業はスムーズに進んだとしても、手直しが必要ない場合はほぼありません。細かな修正だけでなく、時には一部分を全て消してやり直すこともあるでしょう。そして鉛筆での製図だと、消しゴムを使って丁寧に消していかなければなりません。その点CADであれば、パソコンでの文字入力を消すのと同じような感覚で、素早い修正が可能です。それが単純に作業効率を高める上に、失敗しても修正ができるということで、思い切った作図にも繋がるでしょう。さらにCADで作成した図はあくまでもデータなので、納品や複数人で作成する場合のやり取りも簡単で、送る先がその形式のCADデータを開ける環境を用意していることだけが条件です。

水道CADというのは、これまで手作業でしていた、水道に関する設計や製図をコンピューターで作成することができます。