CADを利用することの魅力は?

CADは「Computer Aided Design」の略称です。コンピューター上で設計を行うためのソフトやシステムのこと指します。CADの一番の魅力は、製図といった細かく規格が決まっている作業をコンピューターを用いて行えることです。図面は読みやすさのため、均一な太さの線で描かれている必要があります。手書きで行うには、まずはじめに線の太さを一定に保つ技術を習得する必要がありました。しかし、CADではコマンドの種類と印刷の設定方法を覚えるだけで誰でも簡単に線の太さを均一にすることが出来ます。また、線分や文字を簡単に削除出来るので、間違えてしまったときや変更点が生じた時の変更も容易です。これまでは融通がきかない側面も多かった製図を、気軽に出来るようになったことが大きな魅力と言えるでしょう。

CADの種類とその活用例

まず、CADには「2DCAD」と「3DCAD」の2種類が存在します。2つの違いは文字通り、2D(平面)か3D(立体)かの違いです。2DCADは無料で利用できるものが数多く存在し、導入コストが低く、動作が軽いのが特徴です。3DCADは立体であることから平面よりも分かりやすく、複雑な形状でも簡単に表せられます。他にも体積や質量といった情報も組み込めるといったメリットもありますが、その分覚えることが多く、利用が2DCADと比べて難しいといった側面もあります。どちらを利用する場合でもCADのメインは図面作成です。それ以外にも、デザイナーがプロダクトデザインを作成する際に使うケースもあります。3Dで作成した場合、第三者に伝わりやすく、そのデータを2Dに落とし込むといったことも可能です。他にも、3DCADであれば3Dプリンターの3Dデータを作成することもでき、その用途は多岐に渡ります。

電気CADとは配電盤やケーブルの配線など電気設備の配置を図面にするパソコンソフトです。単に図面を設計するだけでなく、電気工事費の見積もりをするソフトもあります。