消泡剤って何につかうの?

消泡剤は、化粧品や食品、工場排水、し尿処理など幅広く使われている添加物です。作業を安全かつ効率的にすすめるために使用されています。消泡剤を使用する目的は、製品を作るときや処理をするときに、液体にできた泡を消したり、泡ができるのを防ぐことです。適量の消泡剤を使用することで、製品の見た目だけでなく、仕上がりにも違いが出てきます。消泡剤にはいくつか種類があり、使用目的によって適切な薬品が選ばれます。

消泡剤の種類を知ろう!

オイルタイプは表面にできた泡に対して即効性が期待できます。その分、持続性はありません。鉱物油などに効果があります。活性剤タイプも油性ですが、疎水性が高いのが特徴です。安定した液体のため、長期保存が可能となっています。使い方を誤ると余計に泡が発生してしまうので、取り扱いに注意が必要です。

エマルジョンタイプは水と潤滑油の成分を混ぜ合わせています。乳化、分解した液体であることが特徴で、脱気性が高いのが特徴です。長期間の保存には向かず、放置していると消泡剤が凝固してしまう場合があります。その他、シリカなどの特殊タイプ、食品で使われるシリコーンタイプなどがあります。

主に工業で使われる消泡剤は?

工業目的としては、主に金属加工などにおいてリン酸処理を目的とした消泡剤が多く使われます。金属製品などに消泡剤を用いてリン酸処理をすることで、金属の表面に皮膜を形成するができます。これによりでサビをつきにくくしたり、塗膜を剥がれにくくします。また、金属加工時の潤滑剤として使用されることもあります。

消泡剤とは、液体を生成するときに入れる添加物のひとつで、主に液体に泡ができないようにするために投入されます。